兵庫県民の関西というくくりに対する意識

関西地方に住む方ならまだしも、それ以外の地域の方が兵庫県民と聞くと関西の西の端、というイメージでしょうか。

関西以外の友人たちの意見も、兵庫は話し言葉は関西弁だけども、大阪なんかに比べるとちょっと上品でお高く留まっている感じがする、とのことです。

では実際のところは兵庫県民とはどんな気質なのでしょうか?
また自分たちが関西人であるという意識は強いのでしょうか?

私自身、出身が関西であるため、兵庫出身の友人が多くいます。
その友人たちに共通するイメージ、と聞かれるとやはり「関西人であることに誇りは持っているものの、関西の中で自分たちの県が一番だと思っている」と答えます。

同じ関西の奈良、滋賀あたりの友人たちは自分の県に誇りを持っているどころか、出身地を聞かれると県名ではなく、ただ関西出身、といいたがる傾向があります。
なぜなら、大阪や京都といった関西のど真ん中の人たちから言わせると、奈良や滋賀はちょっと馬鹿にされる地位にあるからです。

もう一つ興味深い点ですが、兵庫の人は大阪が関西の中心であることは認めていますが、決して大阪人を上に思っている訳ではありません。
どちらかというと下品な大阪人め、と見下しているといえるでしょう。
兵庫県民が実際のところかなり意識しているのは大阪のお隣の京都です。
西洋文化の発祥の地としての誇りが、京都の古都としての歴史ある文化を意識させるのでしょうか。

こういった気質を兵庫県民の人と出会う前に知っておくことも大事だと思います。