兵庫県のいろんなこと!

兵庫県というとどのようなイメージをもたれているでしょうか。

どちらかというと県庁所在地の神戸のほうが全国的には有名かもしれません。

大阪に近い阪神地区から神戸辺りのイメージが兵庫県としてあるように思います。

このあたりはやはり都会といえるのでビルも立ち並び商業も発達しています。港が多くあるので港のイメージもあると思います。

神戸や芦屋のオシャレなイメージもありますが関西ののりのある感じがします。いずれにしても垢抜けた明るいイメージで人もそういう感じの人が多いと思います。

岡山近くなる姫路辺りになるともまた雰囲気も違います。

神戸あたりが新しい物好きでハイカラであるのと比べて、やや保守的な印象で姫路城や赤穂、龍野といった歴史を感じ雰囲気もあります。

そういう側面もあれば工業地帯的なところあり、明石を過ぎた辺りから田んぼが増えて徐々に田舎になって行きます。

内陸部もどちかかというと丹波や西脇など歴史を感じる特徴のほうがあります。城跡などもところどろにあり、山間の中に田園風景があるようなイメージで日本の田舎のイメージです。
しかし比較的瀬戸内海沿岸側の都会に出やすいというのもあり、人も田舎の人と言う感じはあまりないと思います。
日本海側では関西弁でなくなるのでとても意外です。

城崎や豊岡など日本海側のイメージどおりです。
関西からはこの辺りは冬はスキーに夏は海水浴行く人も多く自然も豊かな地域で人も関西人というよりも朴訥とした素朴な人が多いように思います。